Professional Electronics

WEBライティング技能検定に合格するための勉強法を徹底解剖!

書くことを仕事にする

スキルを磨く

大学生

文章を書く仕事といえば、新聞記者や雑誌の編集者などを思い浮かべますが、最近ではフリーランスのライターが増えてきました。
中でも最近注目を集めているのはWEBライターです。
WEBライターとは文字通りホームページなどWEBサイトに掲載する記事を書く仕事で、学生や主婦などさまざまな立場の人がこの仕事に従事しています。
WEBライターは紙媒体のライターとは異なり、限られた文字数で、短時間で要点がつかめる分かり易い記事を書く必要があります。
そのため、WEBライターを志す人たちが最初に着手するのは、WEBライティング技能検定に合格することです。
WEBライティング技能検定とは、一般社団法人日本クラウドソーシング検定協会が実施している民間資格の検定試験です。
WEBライターとして必要なライティング能力や、クラウドソーシングという働き方への理解度合いを確認するものです。
WEBライティング技能検定を受験するにあたっては、WEBライティング技能検定講座を受講することから始める必要があります。
そしてWEBライティング技能検定講座の学習範囲を学び終えた段階でWEBライティング技能検定の本試験にチャレンジします。
WEBライティング技能検定は一般の国家資格などと異なり、自宅で受験できるようになっているため、受験生の利便性は高いです。
WEBライティング技能検定に合格することで、必要なスキルを学べるだけでなく、クライアントに対しても、自らの能力を証明することができるため、WEBライターを志す多くの人たちがこの検定試験にチャレンジしています。

ゼロから始める文章勉強

学生

『自分の文章をお金にしたい』と考えていても、その手段が分からないのでは実現が不可能です。
文章で稼ぐ方法をゼロから知りたいのなら、WEBライティング技能検定に対応する講座について調べてみましょう。
WEBライティング技能検定講座は、ネットで記事を作成して報酬をもらうための方法の指南書のようなもので、何も分からない状態からでも講座を受けることができます。
講座の詳しい概要が説明された公式サイトもあり、受講方法や費用が記載されているので、記事制作の仕事を始めたいならしっかりと目を通しましょう。
そして、講座のカリキュラムをすべて終わらせた後には、知識を証明するためにWEBライティング技能検定に合格する必要があります。
そちらに合格して、やっと記事制作に対する知識を得たといえますので、頑張って試験(自宅で受験が可能)を受けましょう。
公式サイトには過去の試験問題もあるため、難易度を把握して、講座で得た知識を活かせばそれほど難しい試験ではありません。
なお、合格をするとWEBライティング実務士として、様々なクラウドソーシングサイトで活動ができるようになります。
しかし、そのままではサイト側には、WEBライティング技能検定の合格者であることを示せません。
そのため、合格者のみが発行できるIDが用意されているので、仕事を始める前の申し込みをおすすめします。
サイトの中には、IDの入力で特典を受けられるケースもあるので、あらかじめ提示しておくとお得です。

長い歴史があり先輩が多い

大学生

これからの社会はIT関連の事業が中心となっていきます。
AI技術の進歩などによって社会の変化は早くなっています。
社会の進歩の速さに対応できる技術力を身につけ、IT関連のプロフェッショナルになるには専門の学校へ通うのが一番です。
色々な専門学校がある中で、IT業界に有能な人材を送り出しているのが神戸電子専門学校です。
IT技術のプロを目指すには最適の専門学校です。
この学校の一番の特色はグループワークを学ぶことができる点です。
企画やコンセプトの立案から、スケジュール管理、社会人に必要なリーダーシップやコミュニケーション能力を実践的に身につけることができます。
神戸電子専門学校のグループワークを学ぶことによって、社会人として即戦力になる実力を身につけることができます。
神戸電子専門学校で学んだ基礎を活用して、IT業界の第一線で活躍できるようになります。
神戸電子専門学校ではアジャイル手法によって教育が行われています。
アジャイル手法というのは実際の開発現場で活用されている手法で、システムの設計から開発までをトータルに学ぶことができるのです。
このような神戸電子専門学校の教え方が、社会に出てからの生徒の活躍を支えているのです。
また神戸電子専門学校は1958年創立という長い歴史があります。
これまでに約2万人の卒業生がIT業界の各ジャンルで活躍しているので、これから社会に出る生徒にとっても心強い味方になってくれます。