Professional Electronics

WEBライティング技能検定に合格するための勉強法を徹底解剖!

ウェブライターの為の資格

実力を証明できる資格

パソコンと地球

インターネットが普及するにあたって一般人の生活にも大きな変化が起きていますが、その中で最近需要が高まっているのがウェブライターです。
そんなウェブライターとして働く際に有利になる資格として注目されているのがWEBライティング技能検定です。
2015年に新設された検定試験であり、需要が高まるウェブライターの為に新設された検定試験でもあります。
急成長するクラウドソーシングの市場により、企業側も個人に仕事を発注することが多くなっておりその際に役立つとされているのがWEBライティング技能検定なのです。
仕事を発注する側も受注する側も自分の都合に合わせて仕事をすることが出来るため、合格を目指す人が増えているのです。
ネット上で仕事をするために誰でも気軽に始めることが可能であり、主婦などがちょっとした空き時間に仕事をすることも出来るようになるのです。
WEBライティング技能検定の本試験は択一式の問題と、ライティングの実技問題によって行われています。
これに合格するためには様々な勉強方法がありますが、その中でも有効な方法としては過去に出題された問題を良く調べるということです。
WEBライティング技能検定では過去と全く同じ問題が出るとは限りませんが、問題の傾向は把握することが出来ますので過去問を調べておくというのはかなり有効な勉強方法なのです。
過去問は公式サイトで公開されていますので、WEBライティング技能検定の合格を目指す場合には必ずチェックしておくことが大切です。

講座で学ぶのが簡単な方法

婦人

クラウドソーシングという働き方が一般的になってきたため、自宅でもお金を稼ぐことができるようになりました。
しかし、インターネット上で募集される仕事は、専門性が高いものが多いため、まずは比較的簡単な記事作成系を試した方もいるはずです。
ですが、書き方が分からない状態で記事を作成したのでは、認証されるのは難しいので、クラウドソーシングを諦めてしまった方もいるでしょう。
しかし、認証される文章を作れるようになりたいのであれば、WEBライティング技能検定を受け、資格を取得するのがよいのです。
この試験を受験するためには講座への申し込みが必須なのですが、そこでは文章の書き方を基本から教えてくれるからです。
もちろん、WEBライティング技能検定に必要なのは、一般的な文章ではないため、クラウドソーシングで活躍できる方法が学べます。
送られてくるテキストで学習すれば、これから先は書いた文章が認証されずに、悔しい思いをすることがなくなるでしょう。
そして、WEBライティング技能検定に合格した場合は、各クラウドソーシングサービスのサイトへの登録を忘れないようしましょう。
発行されたIDを入力するだけで、魅力的な特典を受けられるケースがあるため、利用しなければもったいないです。
なお、受けられる特典は各サイトに掲載されていて、受験をする前に誰でも確認が可能です。
そのため、WEBライティング技能検定に興味があるのなら、特典の手厚さをチェックしてから講座に申し込むのも良いでしょう。

技能講座の修了者だけ

PCを使う人

WEBライティング技能検定を受けるには、その前段階としてWEBライティングについての技能検定講座を受講しておく必要があります。
そのため、過去に技能検定講座を受講したことのない人や現在受講中の人には、受験資格がありません。
先に、WEBライティングについての技能講座を受講するようにしましょう。
WEBライティング技能検定に合格するためには、技能講座のテキストや問題集で繰り返し反復練習を行うのが基本です。
試験には時間制限があるため、問題を解くときはタイマーなどで時間をきっちりと測りながら回答することが大切です。
WEBライティング技能検定は、月に1回のペースで開催されているので、確実に合格する自信がついてから、申込みをするとよいでしょう。
試験日は月によって異なりますが、毎月末に設定されていることが多いです。
試験の申込みは、技能講座のテキストと一緒に送られてくる受験申込書を利用します。
紛失した場合は、運営団体に電話またはメールをすると、受験申込書を郵送してくれます。
受験する日を決めたら、受験料の日の3営業日前までに受験料6000円を指定された銀行口座に振り込みます。
受験料の振込時に、WEBライティング技能検定試験の受験申込書に記載した電話番号の下4桁と氏名を記入することになっているので注意しましょう。
振込期限に間に合わなかったり、電話番号の下4桁の記入を忘れてしまうと、希望する受験日に試験を受けられなくなる可能性があります。